キシリトールタブレット タブレットはガムがまだ噛めないお子さんにおすすめです
キシリトールには、むし歯菌を弱らせて歯を強くする効果があります
むし歯菌は糖をもとにして歯垢をつくり、歯を溶かす酸を出します
キシリトールは、歯垢や酸をつくる材料にはなりません
むしろ、むし歯菌がキシリトールを食べてもエネルギーを作り出すことができないので弱ってきて感染しにくくなります
食後、歯みがきの前。このタイミングで食べるといいですよ
キシリトールは使い続けることが大切です
むし歯予防が難しい子供たちには早い時期からキシリトールを摂取することがおすすめです
うちの子は8ヶ月くらいからタブレットUをあげています
子供の自由にさせず、親が時間と個数はしっかりと管理しましょう
『今日は何味にする』『う~んグレープ
なんて言いながら一粒キシリトールをあげるって感じが良いのではないでしょうか
ご家庭で工夫されると良いでしょう、頑張ってむし歯予防しましょうネ