0~1.5歳のむし歯予防
むし歯菌は、歯が生えていない赤ちゃんのお口の中にはいません。
しかし、むし歯菌は歯が生えはじめると、ツバなどを介して赤ちゃんにうつってしまいます
と言うことで、赤ちゃんに歯が生えてくる前に、周りの人(お母さん、お父さんなど)がむし歯予防をして、なるべく感染させないような環境を作ること大切です
つまり周りの人のお口の中のむし歯菌の数を減らすことが赤ちゃんのむし歯予防につながります

対策
周りの人はかかりつけの歯医者さんでむし歯のチェックと歯ブラシの練習をしましょう
フッ素、キシリトール入り歯磨き剤、キシリトール製品(ガム、タブレット)の摂取なども効果的です

赤ちゃんは歯が生えはじめたら仕上げ磨きをしてあげなくてはいけません
スタート地点から『歯磨き嫌い』にしないように注意しましょう
赤ちゃんのときから親が体、顔、口などを触ってスキンシップをするようにしていると『歯磨き嫌い』になりにくくなります
それと『歯磨きするぞっって鼻息荒くいきなり歯ブラシを口に入れられたら、誰でも、怖いし痛いから歯磨きが嫌いになってしまいます
仕上げ磨きをする前に深呼吸して赤ちゃんとスキンシップをして2人ともリラックスしてから仕上げ磨きをしてあげましょう つづく